Home > サンドブラストとは

サンドブラストの歴史

サンドブラスト(Sandblast)はアメリカの非常に風が強い地方で、風に運ばれた砂が建物の窓ガラスを削ってしまうところから発見されたと言われています。サンドブラスター(サンドブラストの装置)は、1870年にアメリカのベンジャミン・ティルマン(Benjamin Chew Tilghman)によって発明されました。当初は工業用途で、船舶の錆落とし、塗装やメッキを行う前の金属表面の研磨などに使われていましたが、その後、石やガラスの彫刻などの芸術用途に使用されるようになります。

サンドブラスト技法について

サンドブラスト技法は、サンドブラストをガラス工芸に応用したもので、何色もの色を重ねた被ガラス・単色の色ガラス・透明な透きガラスなど様々なガラスに金剛砂を圧縮空気で吹き付け、マスキングシートに保護されていない部分を削りガラス表面に彫刻を施す技法です。ガラスの彫刻技法としては100年ほどの歴史で、比較的新しい技法です。炉などの大規模な設備は不要で、比較的手軽に作品を作ることができます。テーブルウェア、インテリアやアクセサリなど、いろいろな場面で日々の暮らしの中に彩りを添える美しいガラス工芸を一緒に楽しんでみませんか。ガラス工芸教室のご案内もご覧下さい。

作例 作例 作例 作例 作例