2008年4月アーカイブ

青木さんの作品紹介

カテゴリ:

新宿区から来ている青木さんの新作は直径13cm小皿の半分だけに桜をいれました。
桜柄の陶器の茶碗をセットにして、和菓子大好きなお祖母ちゃんにプレゼントするそうですよ。

大石さんの作品紹介

カテゴリ:

大石さんの新作は、制作期間2ヶ月の水色被の菓子皿です。
朝顔の蔓を皿全体に這わせでいて、涼しげに仕上がっていますので飾り皿にして、窓辺に飾っても素敵ですね。

須田さんの作品紹介

カテゴリ:

紫被の冷茶グラスに桜と花びらを入れました。
シートの桜模様をカットしたら剥がし、別の場所に貼り付ける作業をすることで、白い桜と紫の桜を表現できるのです。

菊岡さんの作品紹介

カテゴリ:

前回、緑被オールドで森林に朝日が昇る様子を表現しましたが今回は銅赤被オールドに夕日を表現しています。ペアになると素敵ですよね。

小野さんの作品紹介

カテゴリ:

琥珀地に緑被の内被ビールグラスの口周りに蔦を這わせています。
内被せで大変な事は、シートをグラスの内側に貼りアートーナイフでカッティングをする事と研削作業も内側だということで思うような作業が出来ないことなのです。

一日体験の方の作品

カテゴリ:

24日、高輪から体験にいらした25歳の男性の作品を紹介します。
琥珀色のビールグラスに、クローバー、もみじ、イチョウの葉を入れています。
イチョウの葉には「福」の文字が入れてあり、アイデア溢れる面白い作品になっています。

野崎さんの作品紹介

カテゴリ:

緑被サンデーの2cm程の口周りに波打つように蔓を巻きつけ、さわやかに涼やかに出来ています。

水色被のサンデーの口周りには、海草、ヒトデ、巻貝、台座にはタツノオトシゴを入れています。

須田さんの作品紹介

カテゴリ:

大宮からレッスンに通っている須田さん。
最初の作品は、瑠璃と銅赤の一口ビールグラスです。どちらも、バラのモチーフを用い可愛く仕上げています。